ミートボール専用グリル登場!!

1746

ミートボール発祥の地はスウェーデンと言われている。スウェーデンの人々は必ずミートボールにリンゴジャムをかけるそうだ。リンゴジャムのないミートボールなど認めないらしい。日本人はお弁当などにミートボールを入れたり、時には寿司のネタにして食している。

そんなミートボールを一瞬にして簡単に手作りすることが出来るグリルが「ミートボール・グリル・バスケット(Meatball Grill Basket) 」だ。日本人から観るとたこ焼きを焼く機械?と思うがよく観ると網目が入っている。これはミートボールを焼く専用グリルなのだ。

製造・販売しているのは1956年創業の老舗家具メーカー「ウィリアムズソノマ」。全米に販売店を持つ人気メーカーがなぜミートボールに特化した ミートボール・グリル・バスケットを製造しようと思ったのかは不明。

ちなみに関西地方に一家に一台たこ焼き機があるようにスウェーデンにはミートボール専用グリルが一家に一台あるのか!?と思ったが残念ながらスウェーデンでもミートボールグリルはないそうだ。もちろんアメリカでも珍しいとの事。そんなミートボール好きが開発したミートボール・グリル・バスケットで作るミートボールは味の玉手箱から出てきた宝石のような味だ!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ