新陳代謝を促進する5つの項目 

4570
未定 詳細なし

私たちは新陳代謝を繰り返しながら生きています。細胞は日々、死んでいく反面、新しい 細胞が分裂を繰り返して増殖し、体をリフレッシュさせています。新陳代謝が良くないと、骨も弱くなり筋力の低下、太りやすく痩せにくい体質になります。

残念ながら人間の代謝率はは10年ごとに2%ほど低下し、30代になると体に年々脂肪が多くつきやすくなります。新陳代謝を活性化して老化を少しでも遅らせましょう。

1. 重いものを持つ

重いものを持ち上げ、筋肉をつけることによって代謝をよくすることができます。年齢を重ねるごとにお腹が出てきていませんか? 内臓脂肪が溜まっていくのは基礎代謝量が低下しているためです。若いうちというのは細胞の代謝がとても盛んなので、何もしていなくてもエネルギーをドンドン消費していきます。

しかし年齢を重ねるごとに筋力の低下や代謝の低下によって消費エネルギーが減少していきます。筋肉をつることで、代謝も良くなります。スポーツジムに通って、筋肉マンを目指す必要はありません。日頃から重いものを持ち上げるようにしましょう。

gigamen_Metabolism_Promotion_Health01

2. 体を意識して動かす

シンプルで楽しく、遊び心の入った動きを自分なりに工夫していつでも体を動かすことを勧めます。会社のデスクに向いて仕事している時も、両足を浮かせてその姿勢を保つことや、お腹に力を入れたり、背筋を伸ばして筋肉を伸ばすなど、工夫するとよいでしょう。

1時間に1、2分だけ休憩いれて体を動かすのもよいです。デスクワーク中はもちろん、長い会議中や、ちょっと席を立ったときなど、オフィスでも意外とスキマ時間ってあるものです。

gigamen_Metabolism_Promotion_Health02

3. プロテインを多くとる

食事が健康に及ぼす影響は偉大です。3度の食事でタンパク質を十分に摂取している人は、1回の食事あたり25%多くのカロリーを消化します。食事制限と運動で減量に成功しても、タンパク質が減少してしまいますと、筋肉までもが分解されてしまうのです。

筋肉が分解されると、基礎代謝が落ちてしまいます。一定量の基礎代謝が行われていれば、健康を維持することも、細い体を維持することも出来ないのです。

gigamen_Metabolism_Promotion_Health03

4. 唐辛子を積極的に接種する

唐辛子や辛い食べ物を積極的に取ると、減量目標を早く達成することができるそうです。その理由は、唐辛子に入っているカプサイシンという成分にあります。代謝を30%増加させるとともに、食欲促進ホルモンであるグレリンを低下させることで、食欲にストップをかける働きがあります。

唐辛子の入った食事を食べた男性は、通常の摂取カロリーの25%減で空腹を感じなくなるようです。カプサイチンは、血行も良くし、栄養素を身体の隅々まで届けることサポートします。積極的に唐辛子を摂取するようにしましょう。

gigamen_Metabolism_Promotion_Health04

5. 十分な睡眠

運動すると十分な睡眠を体が必要としますね。筋肉が早く回復できるように早めに寝ることを習慣づけましょう。十分な睡眠が取れないと、体重増加の原因にもなります。又睡眠障害は、脂肪貯蔵を促進し、血糖値を調節する身体の能力を破壊します。

夜間のテキストメッセージやメール送信、およびWebサーフィンをする代わりに、読書でリラックスしたり、早めにぐっすり寝れるように毎晩心掛けることです。

gigamen_Metabolism_Promotion_Health05

唐辛子を食べることによって通常の摂取カロリーを25%削減できるとは初耳だった。食べながら代謝を良くできるなら、これからは辛い食事を積極的に取っていきたい。

参照元:Prevention

この記事をシェア
0 0
記事のタグ