Microsoftの音声認識アシスタント「Cortana」アプリ、iOSとAndroidに登場

1841
未定 詳細なし

長い間囁かれていた噂は本当だった!

Microsoftは、同社の音声認識アシスタントであるCortanaをiOSとAndroid向けに年内にも提供することを正式に発表した。

Windows 10-Microsoftの新しい幕開け

Microsoftは、Office Suite同様モバイルアプリも全プラットフォーム上で利用できるよう企画を進めてきた。これによってユーザは、コンピュータ、スマートフォン、タブレット、そしてゲーム機でもWindows 10を利用できるようになる。

詳細は明らかにされていないが、Cortanaのほとんどの機能がAppleとGoogleのプラットフォーム上で使えるようになるとか。だが、Windows Phone上では可能なアプリのローンチや設定のトグルなどは行うことができない模様。

iOSとAndroid上のCortanaは、ユーザを認識したり、デバイス間のデータを同期させたり、リマインダーやアップデートの通知を表示してくれる。

もちろんCortanaの検索機能も利用可能で、サッカーの試合結果などといったクラウド上のデータに自由にアクセスできる。

本来であれば、競争相手であるMicrosoftのCortanaをiOSに招き入れるのは、Appleの戦略に反するようにも伺える。

だが、世界におけるWindows PhoneとWindows 10のユーザ数を念頭に置いた時、CortanaのiOSへの導入は自然な流れだったのだろう。特にWindows 10の前評判は上々であるため、それを見据えた上での判断ではないだろうか。

gigamen_microsoft_cortana_ios_android01

Google Now、Siri、そしてCortanaの戦いが始まる

Microsoftとしては、iOSとAndroidに対して自社アプリを提供することで新規ユーザを獲得できると目論んでいるのだろう。だがその思惑が吉と出るか凶と出るかは、アプリ提供が開始されてからしか分からない。

GoogleにはすでにGoogle Now、そしてAppleにはSiriというパワフルなアシスタントが控えている。新たにCortanaを利用し、Microsoftのプロダクツにシフトする新規ユーザは果たしているのだろうか。

今回のこのMicrosoftの動き、表向きは3社が互いに利益を得るための提携と見えつつも、実は壮絶な戦いが繰り広げられることになりそうだ。

AndroidのCortanaアプリは6月下旬のリリースを予定しており、一方iOSのCortanaアプリは年内のリリースとのこと。

Windows 10のリリース、各プラットフォーム向けのCortanaアプリのリリースが色々な意味で楽しみだ。

参照元:readwrite

この記事をシェア
0 0
記事のタグ