Xamarinをマイクロソフトが買収!それによる今後の期待

1025
未定 詳細なし

今回は、Microsoft社がモバイルのクロスプラットホーム開発ツールを提供しているXamarin社を買収しちゃった件について、じっくり考察します。

これによって、Visual StudioのコミュニティエディションにXamarinを無償(デフォルト)で付けてほしい!という声がメッチャ高まりそうですよね。

MacでVisual Studioを使える日が近づいた!?と言えるかはまだハッキリしませんが、果たしてC#の時代が到来しMac版Unityユーザーとかに影響が波及しちゃうのでしょうか?

Microsoft XNAはGame APIだからセーフかっ!?

まず、Ximian社を創業したMiguel氏に関する個人的な印象として、OSSにもっと選択肢が必要だ!といったコンセプトのもと、MSスタックをスクラッチ実装したことによって時代を変えてくれたのかなぁ~と思っております。

なお、仕事面においては、間もなくXamarinのビジネスライセンスが切れる予定なので、その時期に合わせてMSDNサブスクライバーダウンロードの欄に仲良く並んでいてくれるとスゴく嬉しいですね。

また、今回の買収をきっかけに今後いっそうWindows Mobile向けアプリが増えていくのではないでしょうか。

ただその反面、この様な時代の流れからすると、IISやAzure用のコードが優先的に採用されてしまい、httpすら書けなくなっちゃう未来が待っている気がしてなりませんね。

参照元:tech crunch

この記事をシェア
0 0
記事のタグ