MIYAWOの土鍋を使って美味しい鍋を食べよう

1478

漫画・美味しんぼで純金で出来た土鍋を見せびらかす成金が居た。そんな成金男に山岡はブチ切れる。「俺が本当に価値のある土鍋を見せてやる!」と。その後、成金と部長、栗田さん、さらには大原社主を引き連れスッポン料理屋に入るのである。山岡が出して来た土鍋はすすけた古い土鍋。「ふざけんじゃねえ!」と怒る成金を前に、山岡はその鍋に水を入れ、沸騰後ご飯、卵などを入れ雑炊を作り始める。

数分後、土鍋からスッポンの香りが漂い始める。スッポンなど全く入れていないのに。出来た雑炊を食べるとあら不思議。スッポンの味がしっかりご飯に染み込んでいたのだ。すすけた古い土鍋はスッポン料理屋で30年間使用している鍋で、土鍋にスッポンの味が染み込んでいるのだと言う。まさに土鍋の力。成金は一本取られたと反省した後、純金の鍋とすすけた鍋を交換してくれ!と店に迫るのである。

さすがにスッポンの味がしみついた土鍋は販売されていないが、30年間の激務に耐えられる鍋は販売されている。「MIYAWO(ミヤオ) サーマテック IH洋風土鍋 チョコ 9号」だ。MIYAWO(ミヤオ) サーマテック IH洋風土鍋 チョコ 9号は耐久性の高い鍋で、IHに対応し、衛生面もカビや匂いを染みつけない工夫がなされている。加熱が均等に行きわたるよう設計されているほか、空炊き防止システムも搭載されている。MIYAWO(ミヤオ) サーマテック IH洋風土鍋 チョコ 9号で鍋の力を感じてみよう。きっと食が進むはずだ。ミヤオ、ススムってくらいで(ちょっと古いか)。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ