親御さん必見!手指が汚れていてもお菓子を清潔に食べられるフタ付き容器

1447
32シンガポールドル(約2700円)詳細ページ

フタが子どもを笑顔にする操り人形になっています。シンガポール発、手指が汚れていてもお菓子を清潔に食べることができる工夫が施されたフタ付き容器「Monchi」の先行販売キャンペーンが今冬、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。

フタには子どもを笑顔にするモンスターが隠れている

「Monchi」はフタの下面に2本の突起があり、お菓子などを食べたい子どもがフタの上面から2本の指を入れ、指を箸のようにして使います。このフタがあれば、野原や砂場を遊び回って手指を土まみれにしていても、容器内のお菓子などを清潔に食べることができます。親がウェットティッシュやハンドルジェルを忘れ、近くに手洗い場がなくても、子どもに安心して食べさせられます。

子どもの口に触れても全く問題ない素材を使っている「Monchi」のフタには子どもを笑顔にする、愛くるしいモンスターが隠れています。フタの下面に目と口とおへそが刻まれており、指を入れる2本の突起がモンスターの腕になります。腕の先の部分をよく見ると、滑り止め加工がしてあり、子どもがお菓子や果物を落とすリスクの低減が図られています。

シリアルを持ち歩きたい大人にもうってつけの容器

対象年齢3歳以上の「Monchi」先行販売キャンペーンは最終的に766人から3万4559シンガポールドル(約289万円)も集めました。多くの親が子どもにこの容器を使ってほしいと考えていることが分かります。なお、健康に良いおやつとしてシリアルを持ち歩きたい大人、シリアルをすくうカトラリーを持ち歩くのが面倒だと感じる大人にも最適の容器と思うのは筆者だけでしょうか。

<参照元>KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ