巨匠ヒッチコックを称える万年筆、モンブランより限定販売

1826
¥311,850-¥2,727,000詳細ページ

どんなにIT化が進んでも、万年筆は不動の人気を誇っている。インクの出具合の調子が悪くなったら修理してもらいながら、お気に入りの1本を使い続けている人も多い。
消耗品があふれる現代のなかで、万年筆とは、腕時計以上にツウには欠かせないファッションアイテムだ。

そんな万年筆ファンをうならせる作品を紹介したい。万年筆の一流メーカー モンブランが、サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督の映画技術を万年筆に表現した、リミテッド・エディションを限定販売したのである限定3000本モデルと限定80本モデルの合計3080本。

どちらも、作品「めまい」の映像効果が表現されたボデイ、クリップは「サイコ」の凶器をイメージしたデザイン、など、万年筆にヒッチコック映画の要素がちりばめられている。そして、万年筆のペン先には、ヒッチコックのポートレートが掘り込まれている。

価格は、3000本モデルが311,850円(税込)、ダイヤモンドがあしらわれた限定80本の赤いモデルは2,727,000円(税込)である。彼の80年の人生を称えるにふさわしいモンブランの万年筆も、お気に入りの筆記用具として末永く活躍することであろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ