ウイスキーにアメリカの史の味!

2509

18世紀、独立直後ジョージ・ワシントン政権下では財政の健全化の為、ウイスキーに重税を課したと言う。農民たちは山間部に逃れ、月光の下でひっそりと蒸留し製造したウイスキーを、彼らは「ムーンシャイン」と呼んで密造酒として飲んでいた。

その歴史を脈脈と受け継ぐウイスキーが「オリジナル・ムーンシャイン・クリア・コーンウィスキー」。100%コーンウイスキーだ。その名の通りトウモロコシを原産に作られたウイスキーである。 ウイスキーといえば琥珀色だが、コーンウイスキーの色は無色透明。その秘密は熟成工程。通常のウイスキーと比較して熟成期間が非常に短い。そのため、通常のウイスキーと違う味わいと色になる。

アメリカの農民たちの平和への想いが込められた味オリジナル・ムーンシャイン・クリア・コーンウィスキー。想いを感じつつムーンシャインを見ながら一杯!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ