蚊に徹底抗戦をするためのツール

1167

寝苦しい真夏の夜に開けた窓から入って来た一匹の蚊が、その夜の破滅をもたらす。うとうとし始めた頃に暗闇の中から聞こえてくる「ブゥゥゥン」というあのかすかな羽音。ヤバイと思いつつも放置していると羽音が止み、それとほぼ同時に猛烈な痒み。さらに執拗な攻撃にさらされ30分後には眠気は怒りへと変わる。

こうなったらもはや叩きつぶすぐらいじゃ気持ちは治まらない。敵と認識したからには徹底抗戦してやるぜ!という状況のための最強ツールが登場 。他の誰よりも蚊にキレたと思われるJohannes Vogl氏が考案したのがこのMosquito Flamethrower(蚊撃退用火炎放射器)。いくらなんでも火炎放射器はどうかと思うが、人生を全うするためには、少しぐらい のリスクは必要なのかもしれない。

このMosquito Flamethrower(蚊撃退用火炎放射器)だが、よく見るとトリガー部分にはスクラップパーツと思われる自転車のハンドルを利用してあったりしてなにげにエコ。しかもコンパクトでいかしたガジェットっぽくも見える。使い方は見たまんまで、蚊の羽音のするあたりを狙い、炎を噴射しながら数回振り回すだけ。あとはゆっくり眠れるというわけだ。

わかっているとは思うが、Mosquito Flamethrower(蚊撃退用火炎放射器)は蚊と戦うためのリーサル・ウェポン(最終兵器)。不必要に部屋の中でぶん回すのはヤバイ。何かのはずみで自分のベッドに引火してしまったらシャレにならない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ