現在のレートでいうと・・・。やめた、ドルのままでいいや。桁、多すぎだろ!

2005

世界の最も高価な携帯電話の紹介です。紹介するのもうんざりしますが、高価な商品をお金持ちが買っても、誰も傷つかないからいいでしょう。基本的には宝石をふんだんに使用するのがパターン化しています。そして、どれだけ悪趣味かを競っているようです。

トップ11.Ulysse(ユリス) Nardin’s The Chairman 49,500ドル

”高級腕時計みたいで意外とナットク。”

まずはこのくらいから。「ユリス」は洗練されたデザインの高級時計と関連しています。ボリュームコントロールは、腕時計のボタンのように見え、それらの間のクラウンは実際にデバイスのための電力を生成するために巻き取ることができます。実際には、電話がバックプレートを通して見える運動ローターパワーシステムを採用しています。

gigamen_Ulysse_Nardins_The_Chairman

 

トップ10.Nokia 8800 Arte with pink diamonds (ピンクダイヤモンド ノキア8800アルテ) 134,400ドル

”手、痛くないか?。”

[Yellow Jacket Design House gmbH]というオーストリアの会社で、昔から端末に宝石を埋め込んだ高級携帯電話を作成・販売しています。白金、ピンクダイヤ・ホワイトダイヤと、ダイヤてんこ盛り。合計680個以上21.5カラット以上のダイヤモンドが使われている。

gigamen_Nokia_8800_Arte_with_pink_diamonds

 

トップ9.Peter Aloisson’s iPhone Princess Plus (プリンセスプラス) 176,400ドル

”やっぱり痛いだろ?。”

「iPhoneプリンセスプラスダイヤモンドバージョン」は、プリンセスカットダイヤモンドを含む、高品質のダイヤモンド318〜320枚を使用。ダイヤモンドの総重量も驚異的な16.50から17.75カラットです。

gigamen_Peter_Aloissons_iPhone_Princess_Plus

 

トップ8.Sony Ericsson Black Diamond (ソニーエリクソンブラックダイヤモンド ) 300,000ドル

”宝石はどうした!。”

インダストリアルデザイナーJaren Goh氏がソニーエリクソン用にデザインした『Black Diamond』。外装はポリカーボネート樹脂、鏡面仕上げに隠れた有機ELディスプレイ、背面に400万画素のカメラを搭載とのこと。

gigamen_Sony_Ericsson_Black_Diamond0

 

トップ7.Vertu Signature Cobra (シグネチャーコブラ)310,000ドル

”関西のご婦人に人気が出そう。”

フランスの宝石商ブシュロンによる派手な1台。ダイヤモンド2、エメラルド2、ルビー439個を使用。コブラが巻き付くデザインは、恐らく趣味の悪さは世界一だ。

gigamen_Vertu_Signature_Cobra

 

トップ6.Gresso Luxor Las Vegas Jackpot (ルクソールラスベガス ジャックポット) 1,000,000ドル

”ジャックポットでかったら買う。”

エジプト風のデザインには、純金ベースで、自然界にほとんど存在しない45.5カラットのブラックダイアモンドをちりばめた。すべての物理キーには合計32カラットのサファイアを用いており、背面パネルには、樹齢200年というアフリカ産ブラックウッドを使用している。

gigamen_Gresso_Luxor_Las_Vegas_Jackpot

 

トップ5.Diamond Crypto Smartphone (JSCダイヤモンド Cryptoスマートフォン) 1,300,000ドル

”何か地味に見えてきた。”

このジャンルではもうお馴染みの、ピーターAloissonによって作成されたこの高級スマートフォンのは、カバーがダイヤモンド50個、希少なブルーダイヤモンド8アールで飾られ、プラチナボディになる。さらに、ロゴとナビゲーションキーが18Kローズゴールドで作られています。Windows CEを採用し、高解像度カラーTFTディスプレイと256ビットの暗号化アルゴリズムを提供。最新機能も意外なことに付いている。

gigamen_Diamond_Crypto_Smartphone

 

トップ4.GoldVish ‘Le Million’ Piece Unique (Goldvish作「ル・ミリオン」ピースユニーク) 1,300,000ドル

”オーイ!曲がってるぞ!”

悪趣味には際限がないようだ。ジュネーブに本部を置く高級通信会社の高価な携帯電話がエマニュエルGueitによって設計した。18Kホワイトゴールド製で、V20カラットのダイヤモンドを使用。一応、ブルートゥース、2 GBのストレージ、FMラジオ、デジタルカメラとMP3再生が備わっています。

gigamen_GoldVish_Le_Million_Piece_Unique

 

トップ3.Kings Button iPhone (キングスボタンiPhone) 2,400,000ドル

”ママ!このボタン押してもいい?押したらコロス”

はい、またピーターAloisson氏です。イエローゴールド・ホワイトゴールド・ローズゴールド(ピンクゴールド)をふんだんに使用し、ホワイトゴールドの縁取りの上に138 個のダイヤモンドが敷き詰められているそうです。問題は、ホームボタンになっている6.6カラットのダイヤモンド。押してみたいような、押せないような。

gigamen_Kings_Button_iPhone

 

トップ2.Goldstriker iPhone 3GS Supreme 3,200,000ドル

”ヒューズ君にしては、品がありますな。”

Goldstrikerインターナショナルのスチュアート·ヒューズ氏は、「iPhone 3GS」に22Kゴールドグラム50から31カラットのダイヤモンドを採用。ホームボタンは、希少な7.1カラットのダイヤモンドで覆われている。しかも、「iPhone 3GS最高裁」は、御影石やスポーツカシミールの金の単一のブロックとヌバックトップグレインレザーで作られた裏地から彫られています。

gigamen_Goldstriker_iPhone_3GS_Supreme

 

トップ1.Stuart Hughes iPhone4 Diamond Rose Edition (スチュアート・ヒューズiPhone4ダイヤモンドローズ) 8,000,000ドル

”最近のスマホは宝石乗っける場所が少ないのネ。”

もう覚えましたね?、スチュワート・ヒューズさんです。彼の作品はまだあります。「iPhone 4ダイヤモンドローズEdition」があります。合計で100カラットのダイヤモンドがちりばめられ、ホームボタンにはシングルカット7.4ctピンクダイヤモンドと希少な8ctシングルカットの完璧なダイヤモンドがデザインされています。

gigamen_Stuart_Hughes_iPhone_4_Diamond_Rose_Edition

この記事をシェア
0 0
記事のタグ