富士山ビアグラスを持って登山はどうだい!

1884

富士山は世界遺産に登録され、登山者がかなり増えていると聞く。登山者が増えることは、地元の活性化に繋がるため、本来は喜ばしいことなのだが、心ない人間がゴミを散らかすなどして、かなり汚れているそうだ。日本人としてはかなり心苦しいニュースで、何とか美化に努めて欲しいものである。

なぜなら、富士山は日本のシンボルであり、自慢でもあるからだ。富士山周辺では「富士山◯◯」と称して、様々な物が販売されている。中でも富士山そばや富士山ラーメンのような山盛りの食べ物は、「デカ盛りブーム」の流れに乗って高い人気を持っている。

gigamen_Mount_Fuji_Beer_Glass

富士山の形をしたビアグラス

富士山ビアグラス」は、富士山の形をしたビアグラスである。中にビールを入れると、ビールと泡が混ぜ合い、富士山に見えるのである。日本人ならば、このビールで飲むビールは格別に美味しいと感じるはずだ。

gigamen_Mount_Fuji_Beer_Glass01

 

出来れば、富士山ビアグラスとビールをバックパックに入れて富士山に出かけたい。頂上でビールを飲むのは、少々危険かもしれないが1杯くらいなら、飲んでも問題ないだろう。

 

参照元:Mount Fuji Beer Glass

この記事をシェア
0 0
記事のタグ