シンガポール限定!MP4-12C Fire Black SGPエディション

1060
8100万円 詳細なし

9月23日に幕を閉じた「2012F1マレーシアグランプリ」。優勝はレッドブルのセバスチャン・ペッテル、二位はマクラーレンのジェンソン・バトン、三位もマクラーレンのフェルナルド・アロンソと言う結果で、表彰台二位・三位にマクラレーン勢が入りました。

そんな好成績を収めたマクラーレンが、2012F1マクラーレングランプリを記念してマクラーレンMP4-12C のシンガポール限定モデル、「MP4-12C Fire Black SGPエディション」を公開しました。

このMP4-12C Fire Black SGPエディションはマクラーレンがオーダーメイドで製造する部門「マクラーレン・スペシャル・オペレーション(MSO)」によって製造されました。シックなブラックのボディにシンガポール国旗のカラーにも使用されているレッドを散りばめたカラーリングはエレガントでスポーティな大人の雰囲気を醸し出しています。

世界のカーマニアが喉から手が出るほど「欲しい!」と言う声を上げたこのこのMP4-12C Fire Black SGPエディションですが生産台数はなんと3台。しかも販売価格は日本円で8100万円と言うから驚きです。既に3台中2台はもう予約が入っているそうです。庶民には手が届きそうにありませんね。
オーナーが誰なのか、と言うのも注目です。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ