音も楽しめる!チップス化されたビーフジャーキーが米国で誕生

748
5袋で30ドル(約3200円)~詳細ページ

米国発、カリカリして美味しいビーフジャーキー・チップス『muncha!』の大量生産を目指すプロジェクトが今春、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。

「低炭水化物・高タンパク質」は変わらず

「ビーフジャーキーの味は好きだけど、硬い食感が苦手」という人は、ポテトチップスにヒントを得て生み出された『muncha!』を気に入ることでしょう。お酒のおつまみとして人気が高い乾燥食肉製品が食べやすくなりました。咀嚼音だけ聞くと、まるでチョコクランチのようです。牛の干し肉の味に加え、カリカリ、サクサクという音も楽しむことができます。

ビーフジャーキーと言えば、含まれている炭水化物の量が少ない一方、タンパク質は多いというヘルシーな食品です。その特徴は「チップス化」されても変わらず、一般的な菓子類よりも健康に良いとみられます(塩分がやや気になりますが)。そもそも『muncha!』が生まれたきっかけは、プロジェクト起案者が妊娠糖尿病になり、食生活を見直す必要に迫られたことにありました。

日本で食べられる日が来るのを期待したいが

『muncha!』の大量生産を目指すプロジェクトは4月上旬現在、300人以上から2万ドル(約214万円)近くを集めています。1袋約9枚入りのビーフジャーキー・チップスの発送先は米国内に限られます。米国から日本に牛肉加工製品を持ち込むことが認められていない現状では難しいですが、いつか日本でも食べられる日が来ることを期待したいところです。

参照元:KICKSTARETR

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ