子供部屋の壁が物置場に!壁打ち付け式整理・収納システムに注目

739
249ユーロ(約3万円)~詳細ページ

子供部屋の壁をカスタマイズ可能な物置場に変えてみませんか。イタリア発、部屋の壁に固定して使う整理・収納システム『MUwall』の先行販売プロジェクトが今秋、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で公開されました。

正方形のパネル群に棚・箱を引っ掛けられる。

『MUwall』を使うには、まず壁の間柱の上に穴を開ける必要があります。次にブナ材の合板製、1辺の長さが45cmの正方形型パネルを取り付けていき、巨大な正方形・長方形になるように並べます。そしてパネル群の上に付属品(棚・箱など)をはめ込めば、子供が喜んで使いたくなる物置場が壁に出現します。

『MUwall』は子供の成長具合に応じ、パネルを増やしたり、付属品を充実したりできます。子供が1歳半なら小さなパネル群で十分。6枚あれば、本棚・箱・ぬいぐるみを留めるバンド・紙を留めるクリップといった付属品をはめ込めます。子供が成長すれば、パネルを増やし、額縁・ペン入れ・ハンガーを吊るせるバーなどを追加すると良いでしょう。

子供の頃に使ったシステムを大人部屋に引き継げる。

『MUwall』を部屋の壁に打ち付けるメリットの一つは、子供の頃に楽しんで使ったシステムを大人部屋にも引き継げることにあります。ベースの付属品を大きく変える必要はありません。箱の上に観葉植物を載せ、本棚に自己啓発書を並べ、バーに普段身に付けるアクセサリーを掛け、身だしなみを整えるのに必要な鏡を追加注文すれば、すっきりした大人部屋の出来上がり。

子供を育てる女性2人が共同創業者を務める『MUwall』先行販売プロジェクトは公開からたった3時間で目標金額の5万ユーロ(約603万円)を調達しました。子供を持つ親を中心に400人以上から支援を集めているシステムですが、残念ながら発送先に日本は含まれず。一日も早く日本からの注文が可能になることを期待したいところです。

参照元;KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ