Apple Watchを明日のためにしっかり充電「Native Union DOCK」

2799

Apple Watchが世に放たれて1週間が経った。評判は上々のようであるが、一方でトラブルも噂されているようである。真偽の程は明らかではないが、充電直後のApple Watchはかなりの熱をもつらしいということである。

Apple Watchは、電磁誘導充電という方式を採用しているが、これが関係があるのだろうか。ウェアラブルという肌に密着させるガジェットにおいて、熱を帯びるというのはいかがなものか。早々の調査が必要になるだろう。

gigamen_Native_Union_DOCK01

Apple Watchのための洗練されたフォルム

ところで、そんなApple Watchのための充電ドックが発表された。「Native Union DOCK」である。アルミニウムとつや消しシリコンを素材としており、Apple Watchにマッチした洗練されたフォルムをもつ。

小ぶりでApple Watchがちょうどフックされる程度の大きさである。Native Union DOCKは実にオシャレである。

自宅に帰る。左腕にはApple Watchがある。今日一日で何度Apple Watchに触れただろうか。就寝前にApple Watchを取り外し、Native Union DOCKにセットして、明日に備えてしっかり充電する。

Native Union DOCKにセットされたApple Watchは、港に寄港した船のようである。明日も私を楽しませてほしい。

参照元:Native Union

この記事をシェア
0 0
記事のタグ