安価なのに長距離を走れる電動キックボードが登場 パンクしにくいタイヤも

1521
599ドル(約7.7万円)~詳細ページ

中国発、最高速度は時速32km、走行可能距離は65km、パンクしにくいセルフシーリングタイヤを採用した電動キックボード「NAVEE S65」の先行販売プロジェクトが今夏、米クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で公開されています。

段差での衝撃を小さくするデュアルサスペンション

「NAVEE S65」は走行可能距離だけでなく、乗り心地も重視した設計になっています。デュアルサスペンションシステムにより、電動キックボードが道路の段差や凸凹を通過する際、前後どちらか一方に過剰な負担がかかるのを防ぎ、全体への衝撃を小さくします。

「NAVEE S65」の特徴の一つが10インチのセルフシーリング・チューブレスタイヤです。路上の釘などはタイヤをパンクさせますが、その穴の直径が3.5mm未満であれば、タイヤそのものが穴を塞いでくれます。ただタイヤの異常に気付きにくくなるというデメリットも。

新製品・改正道路交通法の注意点を考えてみる

「NAVEE S65」の先行販売プロジェクトは、支援に対する見返りが比較的安価ということもあり、約300人から支援されています。注意すべきは充電に約6時間かかる点、重量が24kgもある点です。これらを考えると、電動キックボードにはまだまだ進化の余地がありそうです。

日本では今春の道路交通法改正により、一部の電動キックボードは2年以内に免許証不要の特定小型原付に分類される予定です。しかし「NAVEE S65」の最高速度は時速32kmもあるので、普通の原付扱いとなります。改正施行後も免許証などが必要なのでご注意を。

 

<参考元>Indiegogo

この記事をシェア
0 0
記事のタグ