「ネックピロー・ラウンジ」とはいったいどんな新商品なのか?

1017
59ドル(約8600円)~詳細ページ

米国発、睡眠をサポートするネックピローと空港ロビーなどで座れる場所をサッと確保できるエアーラウンジャー(ソファ)からなる「Neck Pillow Lounge」の先行販売プロジェクトが今冬、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で公開されました。

空港・駅ロビーの他に、ビーチや公園でも使える

「Neck Pillow Lounge」はC字型のネックピロー大小2個が連結しているように見えます。「CC」の小さい方は確かにネックピローですが、大きい方には折りたたみ式のエアーラウンジャーが入っています。飛行機・鉄道旅の待ち時間に絶対座りたい、くつろぎたい人向けのセットです。

まずネックピローを詳しく見ていきます。柔らかい肌触りの生地とパラシュートに使われている防水素材の採用により、空港や駅のロビー以外に、ビーチや公園でも使えます。オプションのストラップを使えば、飛行機座席のヘッドレストに固定できるので、使用中の安定感を高められます。

簡単に膨らむエアーソファはプールでの使用も可

カバーから取り出したばかりのエアーラウンジャーはペラペラですが、上端を持って振り回すと、空気でパンパンになります。サイズは幅57×高さ52×長さ84cmで、ゆったり座れる上、プールに浮かべることも可。ただし3~5時間後には形を維持できなくなっているので要注意。

かさばるアウトドアチェアを持って飛行機・鉄道旅には行きたくない人向けの「Neck Pillow Lounge」の先行販売プロジェクトは1月中旬時点で370人超から支援を受けています。Kickstarterでのプロジェクト3件成功をアピールしたのも追い風になったとみられます。

<参考元>Kickstarter

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ