最近のアウトドアは、テントまでインスタントだ

3210

アウトドア派の諸君には、テントを張るのにどれだけの苦労があるか分かってもらえると思う。ポールを一本一本組み立てるという作業は、30年前とひとつも変わっていない。カップ麺やレトルトカレーなど、数分で出来て、アウトドアでそれなりに美味しく食べられるものが一杯あるというのに、テントだけはどうしてインスタントではないのか! ……と叫びたくなる、が、それはチト早いのだ。実は、「Nemo Gogo Elite Tent (ニモゴーゴーエリートテント)」というインスタントのテントがある。

このNemo Gogo Elite Tentは、ポールではなく、空気の入ったチューブを支柱にしてテント全体を支えるようになっている。中央に立つ半円アーチ状のチューブがその支柱だ。持ち運ぶ時は空気を抜いておいて、必要な時に専用ポンプで空気を入れると、数分でテントが出来上がってしまう。ただし1人用。畳んで丸めると、全体が1リットルボトルほどの大きさになる。

こんなNemo Gogo Elite Tentを車に放り込んで、男一人、ふらりと荒野に出るなんていうのは素敵じゃないか。そんな時に、ポールの組み立てでアクセクしなくていいのは、ありがたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ