無意識のうちに撮影される?脳波を解析して勝手に撮影するデバイス

1480

最近脳波を解析するデバイスが多く登場しています。「Oh!No!Haa!」と叫びたくなるほど、最近多いですねえ。ちょっと怖い気もしますが・・・。Zガンダムで見た強化人間が現実になりそうでちょっと恐ろしくもなりますが、脳波を解析して様々なものを動かすことが出来れば、世の中に革命が起こることは間違いありません。

Neurocam」は、スマートフォンと連動したウェアラブルカメラシステムです。Neurocamは脳波に含まれる「関心度」を測定します。その関心度は「気になる度」として数値化され、気になる度が60を越えると自動的に撮影を開始し、保存します。撮影される動画は5秒間のGif動画で、Facebookなどに投稿することが可能となります。

人の「関心」を数値化するデバイスですから、デパートや飲食店など、販売業・サービス業を営む方々にとっては有益なデバイスになりそうです。Neurocamを使用した消費者動向分析システムなども登場しそうですね。ビジネスチャンス・・・になるかもしれません。

現在のところ市販化は未定とのことですが、ぜひ市販化してほしいデバイスです。ただ、デートでは使わないほうが良いと思いますねえ。デートの後、二人で「観てみよう☆」とか言って映像を見てみたら、ほとんど違う女の顔だった、という事がありそうですからね。「何かの間違いだよ!」では済まされません。脳波くらいは隠しておきたい気がしますが・・。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ