ベータ版の公開中止が信憑性を裏付ける? 複数種類の新型iMacが来週発表か

1380
未定 詳細なし

クールポコ風に言うならば「やっちまったなー」なのでしょうか。米ニュースサイト「9to5Mac」は5月28日、新型iMac(3種類)の存在がOS X Mavericks(マーベリックス、10.9.4)のベータ版から見つかったと伝えています。6月2日開幕のワールド・ワイド・デベロッパ・カンファレンス(WWDC)での発表を予感させる事態です。

OS X Mavericksのベータ版の中で注目すべきは、Appleがデバイスの言及に用いたコード。1種類は「iMac 15,1」、2種類は「iMac 15,n」の記述があり、いずれも過去には見られなかったコードです。WWDCでの発表の中身についての噂が錯綜していますが、Mac Dev Centerによるベータ版の公開中止は信憑性を裏付けているとも言えます。

さまざまな発表がなされてきた一大イベントの歴史。

ここでWWDCのおさらいを。世界中の開発者たちが集結する、iOSやOS Xの最新技術を共有する一大イベントであると同時に、新製品のお披露目をする場でもあります。

例えば、13年は「iOS 7」の初公開、12年はノートタイプ「MacBook」モデルの刷新、11年はクラウドサービス「iCloud」の発表などが行われました。14年は米サンフランシスコで6月2日~6日の日程で開かれます。

新型iMacの注目点の一つが「スクリーンサイズの変更があるのかどうか」。5月31日現在Macストアで購入可能なiMacは、21.5インチ(14.1)と27インチ(14.2)の2タイプ。その点も含め、何かしらの発表がありそうな、イベントの開幕を告げる基調講演は現地時間午前10時(日本時間6月3日午前2時)からです。

 

参照元:9to5mac

この記事をシェア
0 0
記事のタグ