すてきなバケーションを悪夢にしないために

880

さあ休みだ!リフレッシュするぞと、ワクワク気分でパッキング。ある意味一番楽しい瞬間かもしれない。とにかく旅行中は快適にそしてイラっとすることなく過ごすのが一番なのだが、何かの手違いから悪夢に変わってしまう時がある。だが知っていれば回避できることも多い。

時間もお金も無駄にせずパートナーとも別れないようにするために

飛行機に乗らない場所を旅行先に選ぶ

長時間のフライトの疲労は旅の始まりから体力を奪ってしまう。それだけではなく場合によっては時差ボケによる眠気が容赦ない。体調がすぐれなければ何を食べても、どこに行ってもいまひとつ。海外の場合、なるべく一都市滞在型にした方がいいかもしれない。

ホテル選びは慎重に

とにかくtripadviserなどの世界の旅行サイトのレビューのチェックは必須。ホテルの公式サイトの画像と実際の部屋が違いすぎたなどという話はもはや定番。グーグルのストリートビューで近隣の場所の環境をチェックなどというのは、もはや基本。

ピークシーズンを外す

北半球と南半球の季節が逆。例えば日本の夏休みは南半球にあるオーストラリアやニュージーランド、南アメリカは冬。オフシーズンであるためにホテルなどが若干安い。またなんといっても旅行シーズンでないことが多いためどこに行っても基本的には空いている。ただし日が短かったり、天候が悪かったりするので注意。

タイトなスケージュールは避ける

短い日程でも、あれもこれもとついついやりたいことが多い。だが慣れない旅先でタイトなスケジュールはオススメできない。海外の場合、公共交通は日本ほど正確ではなく、施設が閉まっていたりなどというのは日常的。なので「時間があったら」という気持ちでゆるめの予定を組む。

パスポートのコピーと写真は常に持参

自分だけはと思っていてもパスポートの紛失や盗難は意外と多い。実際にこのケースに遭遇するともう台無し感がすごいのだが、この二つがあるだけでその後の手続きがかなりスムーズにいく。場合によっては最終日まで普通に旅が続けられるので、これは絶対にスーツケースに入れておこう。

ゴールデンウィークも夏休みも目前。楽しいバケーションを過ごすためにも、ちょっとした手間を惜しまないことが大切だ。

記事参照元:topdreamer.com

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ