ビートに合わせて振動するLEDライト服がシュールだ!

2020
未定 詳細なし

最近は電力消費量を低下させるため、照明にLEDを使うケースが増加している。プロ野球横浜ベイスターズの本拠地である横浜スタジアムも今年から照明灯がLEDとなり、「明るすぎて眩しい」と言う意見が選手から挙がっている。一口にLEDと言っても、一長一短あるようだ。

gigamen_Nightclub_LED_Light_Clothing01

ビートに合わせて振動するLEDライト服

最近話題となっているLEDが、「LEDライト服」だ。なんでもスマートフォンやその他の音楽システムとBluetooth接続で同期し、音楽に合わせて服のライトがキラキラ光りながら波打つと言う。その様子は非常に綺麗なのだそうだ。いわゆる、スマートシャツというわけだ。

LEDライト服を着用しているのが、ロンドンのワイルドナイトクラブ(Wyld Nightclub)だ。ビシッと決めた従業員たちが、この服を着て、出迎えてくれるらしい。これが客から綺麗だと評判で、クラブの人気も上がっているとか居ないとか。

この評判を聞きつけて、日本でも導入を検討するクラブが出現しそうだ。なんとなく美川憲一や小林幸子的なものを想像してしまうのだが、どう使うかは着る人次第というところか。

gigamen_Nightclub_LED_Light_Clothing02

参照元:psfk

この記事をシェア
0 0
記事のタグ