【動画】日産の自動走行システム いよいよ公道へ

1048

日産リーフをベースに「自動走行技術」が開発中である事は、以前にもギガメンで取り上げた。日産自動車はこの自動走行技術を2020年に市販車に搭載させると発表している。先日、桜塚やっくんが事故で亡くなると言う不幸があったが、もうあのような不幸な事故は公人、私人とも起きてほしくないものである。突然事故で亡くなると言う不幸は、本人はもちろん家族の悲しみも凄まじい。

日産は自動運転技術を搭載しているリーフを公道でテストすべく、ナンバープレートを取得した。ナンバーは「20-20」。2020年までに、この技術を市販化させると言う意味が込められているそうだ。

自動車が勝手に事故を避けて走るこの技術は、自動車の未来形と考えられている。Googleなど世界各社も開発競争を繰り広げているが、日産はその先駆者となるべくナンバープレートを取得したと言うわけだ。

自動運転技術開発は新たなステージに入ったのだ。悲しい事故はもう聞きたくない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ