ラスベガスで日本を再発見

1006

ラスベガスと言えば、なにを思い浮かべるだろうか。もちろんカジノは最初に思い浮かべるだろうが、ホテルもラスベガスを楽しむ上で重要な要素だ。ラスベガス程のエンターテイメントの街では、ホテルもさながらテーマパークで、様々なアトラクション、ミュージシャンのショーなど、娯楽で溢れているのだ。

そんなラスベガスのホテル業界で、日本をテーマとしたホテル『Nobu』が、豪華なスイートルームをオープンした事が話題になっている。Nobu Hotelは、世界的に有名な料理人 松久信幸氏が監修、NYの建築家 デイヴィッド・ロックウェル氏が設計を担当した、デザイナーズホテルだ。日本的なもてなしを意識したサービスが売りらしく、ホテル内の随所に日本的な要素が垣間見え、24時間、レストランNOBUの和食を食べる事が出来、スイートルームには湯船もあるようだ。中には、純粋な日本人にとっては「ん?」と感じる箇所も見受けるが、ある意味、世界が欲している日本の姿が、Nobu Hotelには有るのだろう。

Nobu Hotelに宿泊することで、日本の見え方が変わるかもしれない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ