エサを与えなくてもよいネコ現る! 『ノット-ア-キャット・キャット』の正体

2059

が好き。猫を飼いたい。しかし、実際に飼うことをためらっている人は一定数いるはずです。ためらう理由はいくつか考えられます。例えば、世話が面倒。ペットを飼った経験がないので不安。もしかしたらペットロスを恐れている人もいるでしょう。

以上の理由に当てはまる人にお勧めなのが『ノット-ア-キャット・キャット』です。

ノット-ア-キャット・キャットは、クラウドファンディングサイトのキックスターター(Kickstarter)で人気と支援を集めているプロジェクトの一つ。説明文の最初には「世界初の猫。だが猫ではない。」とあります。

そして最後まではっきりしない表現が続きます。プロジェクト側の表現から察するに、「猫ではありません。しかし、心で感じてください」といったところでしょうか。

gigamen_Not-a-Cat_Cat

某ネコ型ロボットより、ネコらしく。

ノット-ア-キャット・キャットは、猫の形をしたぬいぐるみ、あるいは置き物と捉えるべきでしょう。耳と「もふもふ感」から、某猫型ロボットよりは猫らしく見えます。ソファーの上や子どもの腕の中にいる姿を見ると、リアルな猫に思えてきます。

食事を与えなくてもよく、常にかわいがらなくてもすねない猫と考えれば…素材がふんわりしている発泡ビーズだとしても、あなたはプロジェクト側の術中にはまっていませんか?

gigamen_Not-a-Cat_Cat02

猫好きからの熱烈な支持なのか、5月中旬現在、プロジェクトの支援額は目標の3倍近くに達しています。支援と引き換えに得られる特典は多彩。

ノット-ア-キャット・キャット(20ドル)はもちろん、ペンとステッカーのセット、Tシャツ、ポスター、商品について説明してくれるパーソナルな通話など。『ノット-ア-キャット・キャット』の発送は10月予定。発送先は世界中どこでも可とのことです。

動画を見る

参照元:Kickstarter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ