歩いて発電!歩いて充電!時代はパーソナル発電!

1229

iPhone5が発売され使用している方も多いだろう。iPhone4と比較して軽く、使い勝手が良くなったそうだが、電池の減りはiPhone5のほうが速いようである。やはり充電デバイスが必要なようだ。

日本の電気料金は消費者の声を無視し有無言わさず上げられてしまう。少しでも節電したいところだ。そこで登場するのが「nPower PEG」である。なんと歩くだけで発電し携帯電話やスマートフォンを充電すると言うデン子もピン子もビックリの自己発電デバイスなのだ。

なぜ歩くだけで発電されるのか。nPower PEGの中に内蔵された錘が歩いたことによる振動で上下し、内蔵されたコイルに電気を発生させるからである。シンプルな作りだが、今まで思いつくことのなかった画期的な発電デバイスだ。

ただしnPower PEGの充電量は「26分の歩行で、「iPhone 3G」での1分間の通話が可能」なレベルとなっており日常生活では少々厳しい充電量かもしれない。しかしiPhoneマップを参考に目的地に向かう場合や、災害時には重宝するデバイスと言えるだろう。

「電気を大切にね!」と言う言葉を身にしみて感じる意味でも、貴重なデバイスだ。将来必ず自分で発電する「パーソナル発電」の時代が来る。そのさきがけとも行って良い商品だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ