忙しい男性にぴったり!フライパン一つでできる簡単で美味でゴージャスな料理

1582
未定 詳細なし

料理は好きだけど後片付けが嫌い。多くの調理用具を使う料理は面倒。準備にボウルを2つも3つも用意するのはな~。平日はとにかく忙しくて料理に時間をかけてはいられないけど、なるべく手作りの美味しいものを食べたい!今回ご紹介する料理は、そんなあなたにぴったりの「フライパン1つでできる美味しい料理」です。さくさくっと調理できるうえ、味、栄養、見栄えが揃った万能&簡単な料理の数々です。

1. ベーコンと緑のフリッタータ

art-bacon_greens_frittata

イタリアのエッグオムレツのフリッタータは栄養価満点。ベーコンと葉野菜などを加えれば、卵の緑、ベーコンの赤、葉野菜の緑で、彩りも鮮やかで見た目にも美味しいですね。チーズを加えてボリュームアップすればディナーに出しても満足できる1品になります。

2. ムール貝のワイン&サフラン蒸し(バゲットを添えて)

art-steamed_mussels

「ムール貝のワイン&サフラン蒸し、バゲット添え」と聞けば手のこんだ豪華なおもてなし料理を想像しますが、調理方法はいたってシンプル。バターで炒めたガーリックに、たっぷりのワインに浸したサフランソースを加え、塩コショウで味付けしたら、綺麗に洗った新鮮なムール貝を投入。貝が開いたらパセリを散らして、バゲットを添えれば、おもてなしにもぴったりな一品の出来上がり。

3. ハリッサ風味広がるチキンとひよこ豆のフライパンロースト

art-pan_roasted_chicken

ハリッサは、地中海料理では欠かせない唐辛子ベースのマイルドな辛さの調味料で、オリーブオイル、ハーブ、ガーリック、天然の塩などを混ぜて練られたペーストです。このハリッサの風味が、チキンとひよこ豆にしっかりなじんで、食欲をそそります。オーブン使用可能なフライパンを使えば、フライパン1つで調理できますよ。

4. エビ入りチャーハン

art-shrimp_fried_rice

フライパン一つでできる料理の王道は、チャーハンではないでしょうか?残り物のごはんに冷凍野菜、それに、あ、エビ発見。いつもとは一味違う、エビ入りチャーハンを作っちゃいましょう。チャーハンも調理用具が少なくてすむ料理で、フライパン一つで炒めれば良いだけ。誰もが大好きなチャーハン、シンプルだからこそ極めたい料理です。

5. ローストチキンのポテトとオリーブ添え

art-roast_chicken

真の男の鉄板料理はローストチキンと私は声を大にして言いたい!焦げ目がしっかりついたクリスピーな皮、ほどよくハーブの味がしみた身、テーブルにどかっと出して豪快にサーブしてもらったら、世の女性はいちころですよ(少なくとも筆者はころりといっちゃいます)。オーブンに入れても大丈夫なフライパンに、チキン、ポテト、それにオリーブをのせて味付けをしたら、オーブンにポンっ。簡単なのに、超豪勢なおもてなし料理の完成です。

6. レンズ豆とさつまいものカレー煮込み

art-curried_lentils

栄養たっぷりのレンズ豆を使った一品は、カレー風味に仕上げて一味違った料理に。サツマイモと一緒に煮込むことで、甘さと辛さを一度に味わえます。もちろんフライパン一つあれば作れる簡単な料理です。肉料理が続いたら、この料理で胃を休めましょう。

7. ブカティーニ・プッタネスカ

art-bucantini_puttanesca

ブカティーニ・プッタネスカは、アンチョビとピリ辛トマトソースがたまらない穴あきスパゲティを使ったイタリアのパスタ料理です。フライパンに、ガーリックをたっぷり、アンチョビ、オレガノ、レッドペッパーを入れてアンチョビをつぶすように炒めたら、スープとパスタを投入。そのまま10分ほど調理して、トマトとトマトペーストを入れてパスタが好みのかたさに仕上がったら、パセリをちらして完成という簡単さです。

8. マスタード風味のサーモンと野菜のオリーブオイル炒め

art-mustard_salmon

この料理もまたおもてなしにぴったりの一品です。サーモンと野菜は、それぞれマスタードソースとオリーブオイルソースに絡めて味をしみこませておきます。その後は、フライパンで焼けば良いだけ。マスタードソースにはレモンジュースを加えてさっぱり仕上げるのがポイントです。

これらの料理は作るのが簡単なうえ、残った分を翌日も美味しく食べることができるのが嬉しいですね。パーティーの場で出しても恥ずかしくない、いや、むしろ喜ばれる料理でもあります。下準備も簡単、調理用具は少なく、後片付けも簡単とあれば、毎日自宅で料理するのも苦にならないですよね。忙しい平日だけではなく休日も、これらの見た目良し・味良しな料理をつくって、愛するあの人を唸らせちゃいましょう。

参照元:Valet.

この記事をシェア
0 0
記事のタグ