室内で素振りしながら、世界の名ゴルフコースを回ってみよう

3686

熱狂的なゴルフ好きなら、室内で、スポンジの練習ボールを打ったことがあるだろう。庭にネットを張って練習したこともあるだろう。こんな時、ボールが飛んで行った先が見えればどんなにいいだろう、と思ったことはないかい? それを、テクノロジーの力で見せてくれるのがこの「OptiShot (オプティショット)」だ。

超簡単に言ってしまうと、OptiShot (オプティショット)は、光学センサー付きのターフとPCアプリのセットだ。アプリをウィンドウズマシンにインストールして、ターフとPCをUSBケーブルで繋ぐ。そして、ターフの上にボールを置いて自分のクラブで打つ。ボールは、本物でも、練習用のスポンジボールでも構わない。すると、センサーがクラブの速度やフェイス角度などを感知し、PCがボールの飛ぶ様子を正確に再現してくれるというわけだ。PCには世界の有名ゴルフコースが予めインプットされているので、そのコースをヴァーチャルにプレイすることができる。

ノートPCでOptiShot (オプティショット)をやると、ゴルフコースの景観がちっちゃい画面にしか映らないからちょっと迫力不足。だが、大型モニターを繋げられるので、できれば大画面で楽しみたい。ただし、ミスショットに癇癪を起こして、クラブを振り回さないようにね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ