日本の玄関口にある折紙博物館

2795

以前、日本通で知られるカナダ人プロレスラーが来日した時、同行のカメラクルーに向かって、「日本と言えばこれさ」と、折り紙を取り出して、実際に折ってみせていた。海外でも知名度の高い折り紙は、日本人が外国人と交流する際の大きな助けにもなっている。そんな折り紙の博物館「日本折紙博物館」があるのをご存知だろうか。場所は成田空港・第1ターミナル・中央ビル3階だ。

400以上のさまざまな作品が展示してあるが、たかが折り紙と侮るなかれ。日本折紙博物館にあるのは、「いったいどれだけの時間を紙と向き合うために費やしてきたのか…」と思うような精巧な作品ばかりだ。ちなみに製作者は日本に留まらないのは、数世紀にわたる伝統が海を越えて認められている証拠といえる。やはり和を意識したものが多いようだが、古代ローマを思わせるようなものや高度に発展した現代社会の様子を切り取ったものも。

日本折紙博物館では折り紙、折り方を説明した書籍、菓子折りも販売している。成田空港を利用する際は立ち寄られることをおすすめする。外国の友人に日本の文化を見せる絶好の機会でもあるだろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ