折り紙のように天板を広げるとテーブルになります

1818

リビングにおける夫婦の会話

妻「あなた、このサイト、このテーブルというのか、椅子というのか、見てください」

夫「へー、面白いものがあるね。Origami Table(折り紙テーブル)とでもいうのかい?」

妻「そのとおりOrigami Tableよ。狭いアパートなんかに住んでいる人にとってはとても便利だと思うわ。普段は折り畳んでおいて、ちょっとしたサイドテーブルとしてベッドの横に置いておく。友達を招いてちょっとおしゃべりするときには、広げてテーブルにすることができるわ。まさにOrigami Tableと呼ぶに相応しい構造だわ。我が家だってバルコニーで少し外の風に当たりながら、ビールを飲んだりするときには便利だと思うわ」

日本人の誇りを世界に!伝統の折り紙(origami)を進化させたテーブル

夫「そうだね。僕はこのテーブルの折り畳み方に注目しているよ。鶴を折るときの折り方に似ているな。何折りっていうんだったかな。折り紙は母から子へ伝承される日本の伝統の技だけど、こういった生活雑貨の中に生かされているんだね」

妻「そうね。山折りと谷折りが組み合わされた折り方ね。折り紙という日本の伝統が、Origami Tableのような形で欧米にも広がることは、日本人として誇りに思うわ」

夫「こういった形で日本の底力を欧米諸国に見せ付けたいもんだね」

この記事をシェア
0 0
記事のタグ