実力は折り紙つき!変形するベビーカー!ORIGAMI

1768

ベビーカーの始まりは300年前に遡る。ある男が子供を運ぶための乗り物を造るように依頼され、馬車などをヒントにベビーカーを製造したのが始まりだと言われている。300年の歴史を重ねる中で安全性、利便性を追求した職人たちがベビーカーを進化させて来た。先月アメリカで開催された国際家電ショーCES2012では、最新技術をふんだんに取り入れた21世紀のベビーカー「オリガミ(origami)」が登場した。

オリガミ(origami)はボタンを押すとベット型に変形し、再度押すとベビーカーに戻ると言うモビルアーマーのようなベビーカーだ。ただ変形するだけではなく、センサーが付いており、子供が乗っている時は挟まないよう安全に配慮されているのだ。
公共交通機関に乗る時には折りたたんでおけば邪魔になることは無い。折りたたんで子供を乗せて置けば嫌な顔をされることもなくなるのだ。乗用車ならばトランクにすっぽり入る大きさなので持ち運びが簡単。

ハンドル部には液晶画面が付いており、温度、距離、速度が分かる。USBポートと4つのカップホルダーも付いている。そして夜間に対応するためにライトも付くおまけつき。ちょっと憂鬱なベビーカーでの外出も楽しくなりそうだ。親にも子にも優しいベビーカー、それがオリガミ(origami)なのだ。CES2012でも大絶賛されている。まさに実力はオリガミつき!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ