ヘンテコだけどちゃんと乗れる、53の革命的自転車(と自転車用品)

4649
未定 詳細なし

超スピードで技術革新が進む現代、自転車のデザインも超スピードで進化している。おそらく皆さんは、その最先端をご存じないだろう。毎日乗る自転車は普通のもので十分だから、知らなくて当然。

しかし、ここで紹介されている53の革命的な自転車&ギアを見てみると、「ほえ~っ」と驚いてしまうはずだ。その中からいくつかピックアップしてみよう。

#1 木製フレームのDIY自転車

オランダの工業デザイナーJurgen Kuipers氏によるデザイン。工具を使って自分で組み立てる。

gigamen_Wooden_DIY_Bicycles

#3 手でもこげる自転車

ハンドルが、ペダルに似たクランク状になっている。足でもこげるが、手でこぐこともできる。

gigamen_Pedalling_Handlebar_Bikes

#8 駐車時にフレーム自体がロックになる自転車

三角フレームの上辺が外れる自転車。駐車する時に、街灯の柱などをフレームに通しておけば、誰もその場所から動かすことができない。

gigamen_Frame-Integrated_Bike_Locks

#9 キャビネット付き自転車

三角フレームの部分に、ナチュラルウッドのキャビネットがビルトインされた自転車。蓋の部分がテーブルになるので、公園で飲み物などはいかが。

gigamen_Built-In_Bike_Cabinets

#11 空気圧減ると色が変わるタイヤがついた自転車

タイヤに仕込まれたセンサーが空気圧を感知。空気が減ると、タイヤのリム部分についたLEDが緑から赤に変わる。

gigamen_Innovative_Deflation_Indicators

#15 トヨタが作っているスーパーシンプルな自転車

商品名はトヨタ・ハイブリッド・エレクトリック・バイク。あらゆるハイテクパーツを、車体の中に隠してしまった超シンプルなデザイン。トヨタがこんなものを作っているとは知らなかった。

gigamen_Toyota_Hybrid_Electric_Bike

 

他にもヘンテコな自転車や自転車関連の用品が、前述のサイトにたくさん紹介されている。説明文は英語だが、写真を見るだけで十分楽しめる。

 

参照元: Trendhunter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ