スネークマフラーも夢ではない!?

1201

テレビで見ていて「凄い!」とは思っても、いざ実際にそれに挑むチャンスが来たら怖じ気づいてしまうものとして思い浮かぶのが、首に蛇を巻くあの映像。爬虫類嫌いにとっては見るだけでゾッとしてしまう画ではあるものの、インパクトに関してはとてつもなく大きい。他の人と違ったことをしたい、ちょっと目立ちたがりな人にとっては魅力的なもののひとつであるのも事実。

ただ、なかなかそんな蛇にご対面する機会もなければ、やはりそんな巨大な蛇を目の当たりにすれば、腰をも抜かしてしまう場合だって想定されるため、いまいち勇気は出せなかったり。ならばこんなもので疑似体験をしてみるのはいかが?欧米で話題沸騰中の「ロングスネークグミ (Party Python Gummy)」だ。

その説明は言わずもがな。ニシキヘビをイメージしたグミなのだけれど、重さ約12kg、長さに至っては2mを超えという超ド迫力!大きさに加え、不気味とさえ思えてしまうほどのこの色使い。決して「おいしそう」「食べてみたい」とは思えそうにはないが、もちろん正真正銘きちんと食すことのできるグミであり、本物の蛇に引けを取らず存在感も抜群。バイト先で妙な問題写真をツイートする場合でなく、これで誰にも迷惑掛けることなく注目を浴びることも可能なのだ。

ロングスネークグミは大きいだけあってお値段もカロリーもなかなかのもの。1年間保存期間があるので、購入の際はぜひ日にちを掛けてゆっくりじっくり味わって堪能していただきたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ