2016北京モーターショー、各メーカーの一押しモデルGIGAMEN的ベスト10!後編

1693
未定 詳細なし

それでは北京モーターショーのGIGAMEN的ベスト10!の後編です

5位吉利(ジーリー) エムグランドGS

2016中国カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いたGC9の発展型で、中国国内では「ボウエ」という名称4が与えらえるのがこの「GS」だ。

エンジンは、143ps2.0Lか、163psあるいは184ps1.8Lターボが用意される。184psバージョンのみ4WDが設定されその他はFF。また、輸出も検討されている。

4位 奇瑞(チェリー FV2030  

中国製のEVスーパーカーは、その詳細も不明だが、バルセロナのBAICR&DセンターにおいてフォーミュラEの技術が盛り込まれているという。0-100km/h加速は3.0秒、最高速度は260km/hで、航続距離は300kmとされるが、現実的に生産されるかどうかには疑問をもたざるを得ない。

第3位 ポルシェ718ケイマン

718ボクスターがモデル・チェンジを受けたばかりだが、718ケイマンも同じく、2.0ℓ4気筒ターボ・エンジンを搭載。従来の水平対向6気筒NA代替わりとして新採用されているもので、718ケイマンS350psの出力42.9kg-mのトルクを達成している。

718ケイマンの場合0-100km/hタイムが4.7秒となり、最高速度は274km/hに達する。718ケイマンSで同じ仕様の場合、0-100km/hタイムは4.2秒、最高速度は285km/h0.5秒の短縮と3km/hの速度アップということになる。

2位 スマート・ブラバス・フォーツー/フォーフォー

スマートは、第「フォーツー」と「フォーフォー」に、「ブラバス・パフォーマンス・モデル」を追加して公開した。中国では9月に発売される予定。

パワートレインは、新開発のメルセデス製3気筒ターボ・ガソリン・エンジンで、 スペックは108ps/5750rpm17.3kg-m/2000rpmで、標準仕様よりも19ps3.6kg-mのパフォーマンス・アップを果たしている。欧州複合燃費は、ブラバス・フォーツーが22.2km/ℓ。フォーフォーが21.7km/ℓとされている。

1位 レエコ レーシー 

レエコの名前はテスラSのライバルとなるファラデーの共同創始者としても知られている。今回発表されたレシーは、スーパー・エレクトリック・エコなるシステムを備えたEV、「テスラ・モデルSのライバルになるようだ

自動運転技術が組みこまれ、格納式ステアリング・ホイールを備える「レーシー」は、数年で生産段階まで漕ぎ着けたいとしており、パートナーのファラデーとの共同開発を続けている。

総括

いかがでしたか。他にも多くのショーモデルがありますが、「AutoEXPRESS」が選んだのはこの10台プラス4台の合計14台でした。この中に、貴方のお気に入りのモデルはあったでしょうか。

記事参照元 http://www.autoexpress.co.uk

この記事をシェア
0 0
記事のタグ