画面に触れなくても書ける電子ペン

1306

「書く」という行為に革命的な影響をもたらすかもしれない。電子ペンの「ペンビュー(Penveu)」の凄いところは、画面に触れなくても文字が書ける点。ボードから10m離れた位置でペンを動かしても支障はまったくない。学校の授業はハイテク化が進み、職場での会議も電子黒板やホワイトボードを使うことが増えてきた。電子ペンの活躍の場はこれからどんどん広がっていくはずだ。

ペンビュー(Penveu)は、ペン、ビュー、ドックの各部分から成る。ビューをコンピューターやプロジェクターと接続することでペンが使えるように。ペンの充電が切れかかっているかどうかは、先端のランプの点灯で分かる仕組み。赤く光ったらドックで充電する合図なので、非常に分かりやすい。

ペンには、ペンモードとマウスモードがあり、状況に応じて選ぶことができる。大学の授業などはプロジェクターをスクロールさせることが多いのでマウスモード、といった具合だ。ペンモードでは色、背景、線の太さを選択可能。また、キャプチャー機能などもあり、ペンに付いているボタンで操作する。プレゼンテーションで使用したファイル等は保存することもできる。ちなみに8GBと32GBの2種類がある。

ペンビュー(Penveu)の発売は近日中の見込み。2012年6月中にオフィシャルサイトで受付を開始する予定となっている。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ