ビシッとピンクに決まったクラウンが意外と良い!

1269

クラウンと聞くと、「大人の車」と言うイメージがある。クラウンは2013年に14代目が発売される事は以前gigamenにて紹介した通りである。トヨタは大人のイメージを崩そうと大阪オートメッセ2013でピンク色のクラウン、「Pink Crown (ピンク クラウン)」を公開した。「あれ?見たことある!」と思った皆さんもおられるだろう。そう、Pink Crown (ピンク クラウン)は正月の風物詩箱根駅伝で大会運営車として箱根路を走行したのだ。そしてテレビCMではジャン・レノが運転している。その姿に日本中、いや世界中が驚きの声を上げた。

「意外とカッコイイ!」、「可愛い!」という肯定的な意見から「クラウンのイメージに合わない」、「ゲイ専用車?」などその評価は賛否両論だ。しかしクラウンの購入層は50代~60代が中心と言う事で、その「大人」なイメージを崩そうと言う狙いは達成されたのだ。

あなたはこのPink Crown (ピンク クラウン)に乗る事が出来る?

この記事をシェア
0 0
記事のタグ