次の日別人になったかのように気持ちよく眠れる9つのポイント

1221
未定 詳細なし

睡眠とは非常に生活の中で必要なものですよね。どんなことがあっても、気持ちよく眠れれば、次の日も気持ちよく起きれます。でも、心配事など、体が疲れすぎていると、眠れないなんてこともありますよね。そんな皆さんに気持ちよく眠れるための9つのポイントをまとめてみました。

睡眠の大事さわかっていますか?

1. 今の眠りの質を計測してみる
今はアプリなどで、簡単にどういう寝方をしているか計測できるアプリがあります。そのようなアプリを使って、一度自分がどういう睡眠サイクルをしているのか、測ってみるのも一つの手です。

gigamen_Pleasant_Sleep_Tips01

2. 一番眠りの浅い時期に目覚める。
眠りには深く熟睡している時間と浅く熟睡している時間と2種類のサイクルがあります。このサイクルで浅い状態で目が覚めると、気持ちよく起きれますが、もし深く熟睡している状態に起きると大変なことに・・・

3. 十分な脂肪分を取る。
脂肪分は長く燃える体の中の重要な要素な一つです。特に植物性油や動物の脂肪分、ココナッツオイルなどがいいです。

gigamen_Pleasant_Sleep_Tips02

4. タンパク質を取る。
寝る前にタンパク質は取りすぎると、胃が持たれることもありますが、適量を摂取することは非常に重要になります。タンパク質は寝ている間に新しい筋肉組織を作るのに重要な時間となっています。

5. 灯りを暗くする。
ベッドに行く30分前には灯りを暗くすることをオススメします。テレビ、携帯、タブレット等も電源を消して下さい。テレビやタブレットから発せられる光が眠気を削ぐ効果があるので要注意です。

6. 寝る前にエクササイズを避ける。
寝る2時間前にはエクササイズは避けたほうがいいです。エクササイズを行うと、体が興奮状態になり、寝つきが悪くなります。

7. 昼14時以降からコーヒーは控える
コーヒーはカフェインが入っていて、とても美味しいですが、なんと寝る8時間前にはコーヒーは控えたほうがいいそうです。カフェインの体に与える影響はすごいですよね。

gigamen_Pleasant_Sleep_Tips03

8. なるべく22時45分から23時には寝る。
何と、この時間が一番寝付きに入るにはベストのタイミングらしいです。この時間を逃してしまうと、その後は朝方2時まで眠れなくなるそうです。。

9. ストレスごとを忘れる。
おそらく眠れない人はおそらくこのストレスが原因の人が多いと思います。でも、大きく深呼吸して、寝る前だけでも、忘れられるように努力しましょう。

以上がぐっすり眠れる9つのポイントでした。生きている以上睡眠というのは非常に大事な要素です。どうせなら質の良い睡眠を取りましょう!私は8番がオススメです!

参照元:askmen

この記事をシェア
0 0
記事のタグ