世界に1台の車、2500万円で落札。その名はゴーストカー!

2327
$308,000詳細ページ

世界に珍しい車は数多く存在しますが、「ポンティアック・デラックス・シックス(Pontiac Deluxe Six)」は別名「ゴーストカー(Ghost Car)」と呼ばれる世界に1台しかない車です。ゴーストカー?乗ったら幽霊になっちゃうの?イヤだな・・・とページを閉じようとしたあなた、それは誤解です。画像を見れば一目瞭然、ボディがガラスで出来ており、中身がすべて見えてしまう透明な車なのです。

このとんでもない車は1939年ニューヨーク万国博覧会で展示されたもので、ゼネラルモータースが200万円の製造費用で製造しました。そのポンティアック・デラックス・シックス(Pontiac Deluxe Six)が、昨年、ミシガン州で開催されたRMオークションでなんと308,000ドル(約2500万円)の高値で落札されました。

車をスケスケにして何が楽しいんだ!とか、夏の日差しが強い時にガラスで暑くないのか、運転者が暑過ぎてゴーストになってしまうのではないか?2500万円あったら新車を買うわ!とツッコミたくもなりますが、男にとってはスケスケなものは何でも歓迎したくなりますし、歴史的・史料的価値は高い車ではないでしょうか?

ガラス張りの政治ならぬガラス張りの車が、このポンティアック・デラックス・シックス(Pontiac Deluxe Six)。ゴーストカーという言葉に惑わされがちですが、現代社会に失われつつある透明感を表現している古き良き車なのです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ