キャンプで大活躍! 料理にもスマホの充電にも使えるポータブル薪ストーブ

1373
portable-stove
1万6000円詳細ページ

小枝が燃え、煙なき炎が上がり、電気が生まれる。

米国のバイオライト(BioLite)が販売する『キャンプストーブ・ツー(CampStove 2)』は、スマートフォンを持ち歩くのがスタンダードになっている現代人のキャンプにぴったりの、ポータブル薪ストーブだ。

炎が上がれば、スマホの充電も出来る。

『キャンプストーブ』は薪ストーブの中に小枝と着火剤を入れ、マッチやライターで点火し、炎が生まれても、煙は出ない。アクセサリ(やかんや焼き網など)と合わせて使えば、料理ができる。1リットルの水が沸騰するまでの時間は4分半。

重さが935グラムしかないポータブル薪ストーブで発生した熱は電気に変換されるので、USBポートとスマートフォンをつないで充電したり、USBライトで暗闇を照らしたりすることが可能だ。

薪ストーブは内蔵バッテリーとLEDダッシュボードで進化する。

『キャンプストーブ・ワン』から進化した点は2600mAhの内蔵バッテリーやLEDダッシュボードなど。ダッシュボードは火の強さを赤色、炎の大きさを青色、バッテリー残量を緑色で分かりやすく示してくれる。

『キャンプストーブ』があれば、水を沸かしながら、スマートフォンを充電するという、一見シュールな光景が出来上がる。ただ、シュールに見えても、内蔵バッテリーでスマホのバッテリーが切れるリスクが更に下がるのは画期的だ。

参照元:bioliteenergy

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ