貴方をほんのり優しく照らす光のアート

1303

「もう電球は作んね~よ!」なんて言ってる電機メーカーがあるくらい、現代の明かり市場はLEDに取って代わられてしまった。確かに、2~3年もしたら寿命が来てしまうような物に比べて、一度取り付けたら一生交換する必要が無いかもしれないLEDの効率の良さといったらハンパではない。需要の流れが移ってしまうのも当然のことだろう。しかし、なかにはLEDのどこか冷たくてトゲっぽい印象を与える光が嫌いという人もいる。

そんな人にオススメしたいのが、この「プルーメン001」だ。本品は、一本の蛍光灯をグニャグニャと曲げられてしまったような形状をしている。一見は、ただのひん曲がった蛍光灯のように見えるかもしれないが、実はこの形状は、「どんな角度から眺めても、美しく見えるように」設計されている芸術作品なのだ。しかもその評価は高く、あの『MoMA NEW YORK』の常設展示品という誉れさえ受けているほど。

プルーメン001は、国内でも簡単に購入することができる(価格:3150円)。
「LEDは好きじゃない。でも裸電球は使いたくない。」そんな、こだわりな貴方には、このプルーメン001は十分アリだろう。もしかしたら、ニッチな電球市場に明かりを照らしてくれる存在になるかもしれない。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ