なでしこジャパンのW杯現地観戦、カタール航空の利用もアリ

2263

FIFA(国際サッカー連盟)パートナーズの1社、カタール航空は昨年12月、サッカー女子W杯フランス大会の組み合わせ抽選結果を報告すると共に、拠点のドーハとW杯開催都市を結ぶ路線を紹介しています。

日本は世界ランキング8位でグループDの2番手。

6月7日開幕のサッカー女子W杯にカタールは出場しませんが、同じアジアのなでしこジャパン(サッカー日本女子代表の愛称)はグループ分けの結果、アルゼンチン、スコットランド、イングランドと同じグループDに。昨年12月7日付けの世界ランキングは、イングランド4位、日本8位、スコットランド20位、アルゼンチン36位です。

2大会ぶり2回目のW杯優勝を目指すなでしこジャパンを応援しようとフランス行きを考えている人も多いはず。日仏をノンストップで結ぶ両国の航空会社に加え、ドーハから東京、パリ、ニースに直行便を飛ばすカタール航空を利用する選択肢もあります。グループステージの第3戦、日本対イングランドはニースで行われます。キックオフは日本時間6月20日午前4時。

「Qatar Airways」の文字を多く見かける大会に。

ドーハと世界の主要都市を結ぶカタール航空は7月7日までフランス9都市で開かれるサッカー女子W杯とW杯関連イベント(組み合わせ抽選会など)をメインスポンサーの1社として盛り上げます。例えば、選手や監督のインタビュースペースに設置されるボードに「Qatar Airways」の文字が入っている可能性は大です。

参照元:Qatarairways

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ