アラブカップの次は…カタール航空がサッカーW杯の旅行パックを販売中

2048

カタール航空は昨年12月、オフィシャル・エアライン・パートナーを務めた国際サッカー連盟(FIFA)主催のFIFAアラブカップ2021カタール大会が成功を収めたことを自社サイトで報告しました。

プレ大会を制したのはアルジェリア。カタールは…

FIFAが初めて主催したアラブカップはアルジェリアが初優勝を果たしました。チュニジアとの決勝戦はスコアレスで突入した延長に2ゴールを奪いました。開催国のカタールは3位に入ったものの、準決勝のアルジェリア戦では後半アディショナルタイムが19分という異例の展開の中、終了のホイッスルが吹かれる間際に失点し、最高の大会にはなりませんでした。

カタールとカタール航空にとってアラブカップは今年の同時期に開かれるFIFAワールドカップ2022カタール大会のプレ大会であり、試合会場では「Qatar Airways」の文字とW杯に向けたメッセージが目立ちました。FIFAの最上位スポンサーを務めるカタール航空はビッグイベントの旅行パック(往復航空券、宿泊施設、観戦チケットのセット)を特設サイトで販売しています。

特設サイトのこちらです。

ブラジル人サポーターは国際線の乗り継ぎが不要

カタールW杯出場を決めたのは昨年末の時点で、カタール、アルゼンチン、ブラジル、ベルギー、クロアチア、デンマーク、イングランド、フランス、ドイツ、オランダ、セルビア、スペイン、スイスの13カ国です。カタール航空はブラジルのサンパウロとドーハを結ぶ直行便を運航しており、ブラジル人サポーターは国際線の乗り継ぎなしでW杯開催国を訪れることができます。

日本は7回連続7回目のW杯出場を果たせるでしょうか。アラブカップで悔しい思いをした開催国カタールは初めてのW杯でどこまで勝ち進めるでしょうか。そしてコロナ禍は今よりも落ち着き、ドーハに行きやすい情勢になっているでしょうか。

<参考元>QATAR

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ