カタール航空、ドーハ=サンクトペテルブルク直行便を開設へ

69

中東の“空の拠点”からロシア文化の中心地への渡航がますます便利になります。カタール航空は12月19日からドーハのハマド国際空港とロシア西部サンクトペテルブルクのプルコヴォ空港を結ぶ直行便を開設し、1日1往復運航します。

ロシア美術の傑作群や歴史的建造物に出会える。

サンクトペテルブルクはモスクワの北西600km、フィンランドの首都ヘルシンキの東300km、スウェーデンの首都ストックホルムの東700kmに位置する観光都市です。ロシア帝国の首都だった都市では現在、ロシア美術の傑作群や国際的に高く評価されている歴史的建造物群を見ることができます。

サンクトペテルブルクの訪れるべき観光名所として挙げられるのは、ペトロパヴロフスク要塞、スパース・ナ・クラヴィー大聖堂、カザン大聖堂、ストロガノフ宮殿、血の上の教会などです。芸術を愛する旅行者はエルミタージュ美術館、ロシア美術館、ボリショイ・ドラマ劇場などに足を運んでみると良いでしょう。

ドーハからサンクトペテルブルクまで約6時間。

カタール航空は2004年にロシアへの乗り入れを開始し、13年後の現在はドーハのハマド国際空港とモスクワのドモジェドヴォ国際空港を結ぶ直行便を1日3往復運航しています。ドーハ=モスクワ線のフライト時間は片道約5時間、ドーハ=サンクトペテルブルク線のフライト時間は片道約6時間です。

参照元:QATAR AIRWAYS

この記事をシェア
0 0
記事のタグ