まだまだ価値は侮れない!ヴィンテージ・デザインのラジオが発売中

2549

ネットが使えなくなった時の頼れる味方。ヴィンテージ風にデザインされたポータブルラジオ『Radio Mezzo (ラジオ・メッツオ)』がLEXONデザインストアから発売中だ。古き良き時代の雰囲気を漂わせるRadio Mezzo (ラジオ・メッツオ)。上のつまみがチューニング、下のつまみがボリュームの役割を果たす。カラーはブルー、ブラウン、カーキ、レッドの4タイプ。

ところで「外国のラジオ受信機は日本で使えるのかどうか」だが、おそらくAMは大丈夫のようだ。一方、FMは日本と海外で周波数帯域が異なるので難しいもしれない。

今、ラジオの価値を考え直してみよう。目を酷使しなくて済む情報媒体は、何か作業をしながら楽しめる。洗面所、風呂、ベッドの脇に置くと、何かと便利かもしれない。便利と言えば、東日本大震災のような災害時に重宝するのがラジオである。携帯電話やパソコンが使えなくなる事態は十分に考えられるからだ。

もちろんラジオは娯楽としても大きな価値がある。私事だが、たまたま合わせたチャンネルがとても可笑しかったので、毎週聴くようになった経験がある。ちなみに2013年2月度の聴取率調査の結果は、1位TBSラジオ、2位ニッポン放送、3位文化放送、4位J-WAVE、5位NHK第一、6位TOKYO FMの順だった。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ