副業は大家さん 不動産投資の成功術

3919
未定 詳細なし

現在、収入アップのための副業ブームが起きているが、どうせやるならガッツリ稼ぎたいと考えている人に向いているのが不動産投資だ。いわゆるサラリーマン大家と呼ばれるもので、一般的な会社の副業禁止規定に抵触することが少ないのもメリットの一つである。

では、実際に不動産投資に成功した人はどんな手法を使っているのか。今回は特にキャッシュフローに着目した投資法をご紹介しよう。

借金を恐れるな!キャッシュフロー拡大作戦

キャッシュフローとは即ちお金の流れのこと。ストック(貯金)とは対照的な意味で使われることが多い。つまり、純金融資産を増やすよりも、とにかくお金の流れを増やして投資の規模を拡大していこうという戦略だ。

これは言い換えれば借金を恐れない投資手法とも言える。物件を取得するたびに毎月の家賃収入は増えるため、その収入を元に資金を借り入れ新たな投資物件を購入する。まるでM&A(企業買収)を繰り返し巨大化していく企業のような戦略だ。

たしかにわずかなお金を毎月地味に貯金していてもその額の増え方には限界がある。しかし、まずはフローを増やしてしまえば仮に借入金は多かったとしてもそれを補って余りある程、お金は増えていくわけだ。

どんな物件でも買い捲れば良いというわけではないが、「これは」と思う物件には躊躇することなく買いを入れる。目利きに自信がある人であれば数年で一財産作れてしまうのである。

gigamen_Real_Estate_Investment01

DIYで一軒家を改造! シェアハウス化作戦

大都市を中心に特に集合住宅の価格が高騰しているが、一方でやや出遅れ感があるのが戸建て住宅。つまり一軒家だ。敏腕投資家の中にはこの一軒家をシェアハウスに改造することによって集合住宅化し、家賃収入を得ているケースもある。

DIYが得意な人であれば改造費用自体をかなり抑えることができるため、やや時間はかかるが利益率は相当に高くなる。「ここにマンションがあったらなあ」と思うような場所を丹念に調査し、改造できそうな一軒家を見つけては比較的安い値段で購入するわけだ。

何れの方法にも当然リスクはある。キャッシュフロー拡大作戦は物件の評価を大きく見誤ると肝心要のお金の流れが滞りかねないし、シェアハウス化作戦も入居者を途切れさせないためにトラブルを未然に防ぐための工夫が必要になる。

ただ、安定軌道に乗ってしまうと非常に強いのが不動産投資の特徴だ。あなたも有望物件を見つけたらチャレンジしてみては?どうだろうか。

参照元:日刊SPA

この記事をシェア
0 0
記事のタグ