犬を家族の一員として迎えるべき9つの理由

983
未定 詳細なし

犬は人間のベストフレンド。食べるのが大好きで遊ぶのも大好き。筆者と飼い犬にはそんな2つの大きな共通点がありますが、犬はまた、家族の一員として迎え入れることで飼い主を人間として成長させてくれます。

今回は、「犬を家族の一員として迎えるべき理由」を9つご紹介しましょう。

 潔癖症が軽減、細かいことがあまり気にならなくなる

家の中のお気に入りの椅子は絶対この位置、ラグもドアのラインときっちり合わせて、塵一つないそんな家にしておきたい。知らないうちに自分はもちろん一緒に過ごす家族や友人にストレスを与えているかもしれません。自分でもちょっと異常なレベルの潔癖症じゃないかと心配なあなた、犬を飼ってみませんか?

飼いはじめは、排泄がきちんとできないため、糞尿がそこらじゅうにということも。また、犬の毛はあちらへこちらへと舞い飛びます。そして、やんちゃなワンコはあなたの大切なラグを噛みまくったり、椅子に飛び乗ったり。そのうち、ま、ちょっとしたことはいいか、と思っている自分を発見できるはず。

ルーティンワークをうまくこなせるようになる

犬を飼い始めると、一日の大体の規則のようなものが決まってきます。朝早くに犬は、お腹すいたよ!散歩行こうよ!と元気にジャンプしてあなたを豪快に起こしてくれます。散歩に行ったり、餌の用意をしたり、トイレの世話をしたり、遊んでやったり。1日がそれらの繰り返しになるため、自然とルーティーンワークをうまくこなすコツのようなものが身に付きます。

 「自分中心の生活」を改善できる

これまで自分中心の生活だったのが、犬中心の生活に一転。眠いからもっと寝たいんだよー、とか、めんどくさいから後でー、とかそういった自己中な言い訳はもう通用しません。犬のニーズにこたえてあげることが優先です。

 忍耐力アップ!

犬は賢い生き物ですが、一度で何が良くて何が悪いのかすべてをしっかり覚えることはできません。毎日毎日、これはやったらダメなんだよ、よくできたね、その繰り返しを経て、徐々に良いこと・悪いことを頭にインプットしていきます。また、飼い主がイライラしたり怒ったりすると、感情をくみ取ることができるので、不安にさせてしまいます。犬と暮らすことで、忍耐力を養えるという訳です。

忠実でいることの大切さを学べる

犬は、家電の買い物とは訳が違い、不良品だからといって返品することはできません(中には、大きくなりすぎただとか、しつけられないなどといった理由で「返品」する人も多い悲しい世の中ではありますが)。

子供と同じで、犬は飼ってみるまで、共に時を過ごしてしばらくしないと、本当の性格なるものが分からない場合がほとんどです。どんなにしっかりしつけをしても、あなたの大切なものをどこかに隠してしまうかもしれません。(嫉妬して)大好きなアイドルのサイン色紙を噛みちぎってしまうかもしれません。本当に嫌になるようなこともあります。でも犬は、あなたの朝のお目覚め時の微妙な口の臭いも気にせずキスでご挨拶。エクササイズ後の汗だくで臭いがこもったあなたのスニーカーだって、喜んで遊んでくれます。どんなワンコであっても、生涯を共にするベストフレンドとして過ごしていきたいですね。

友人・隣人との仲を深めるチャンス

ビジネスの都合だったり、病気になってしまったりと、予期せぬ出来事で犬の世話をできないこともあるでしょう。日頃から友人や隣人、あるいは同僚と密に接している人は、こういったシチュエーションでも頼れる人を探すのは困難ではないでしょう。犬を飼い始めたからという理由だけではなく、普段から頼れる友人や隣人との仲を深めておくと、あなたがピンチに陥った時には快く助けてくれるでしょう。

責任感の向上

犬を預けることになって、出張から戻ってきて隣人宅まで犬を迎えに行ったら、隣人宅の高価なソファにおもらししてしまったと聞いてビックリ!「そんなことはうちでは今まで一度もなかったのに」、「高価なソファーに座らせるなんて!」と、隣人を責めたい気持ちがむくむくと湧き上がって口に出そうになるも、「待った」をかけることができます。失態を犯したのは「自分の犬」であること、「預けた自分にも非がある」ということをしっかり認識できているからですね。犬を飼うことで、責任感がアップした飼い主、多いはず。

愛犬とのつらいサヨナラときちんと向かい合える

最愛の犬との別れ、これほどつらい別れはありません。人間と比べて短い寿命ですが、その分凝縮した仲を築く人が多く、そして、ほとんどの場合は家族よりも犬の方が先に逝ってしまうため、サヨナラした後は自分の健康を害してしまう人もいるほど。ペットロス症候群といった言葉もありますね。

ですが、犬との別れを経験した人の多くが、永遠の別れときちんと向き合えています。悲しみは完全に癒えることはありませんが、犬との生活を素敵な思い出にかえて、家族や友人に話を聞いてもらい、正しいサヨナラの形を実践している人が多くいます。

自分も「Alpha Dog=リーダー格の犬」になれる!

犬との生活で得られる忍耐力、責任感などを駆使して、飼い主である自分の人生を大きく変えることができます。自分のキャリアは自分でコントロールし、皆のリーダー格になれるよう努力し、パートナーにとっても人生最高の友だと言ってもらえる、そんなナイスガイを目指したいですよね。

犬に接するように周りの人達とも接してみてください。時に理不尽なことをいう上司や、わがままな友人にも、忍耐強くかまえ、でも自分の意志はしっかり伝える。そうすることで、社会において、そして家庭内でのあなたのポジションが非常に大切なものとなり、周りの人間との仲もさらに深まることでしょう。

人生で何か思い悩むことがあるあなた、犬と共に成長するという選択肢もありますよ。

参照元:Primer

この記事をシェア
0 0
記事のタグ