仕事できない人間に共通する癖 先延ばしをやめてキャリアアップ

3199
未定 詳細なし

分かってはいるけれど「後で」「今忙しい」なんてとりあえず言ってしまっている人は大抵、裏で「彼に頼んでもどうせダメダメ」なんて言われている。

この先延ばし癖はキャリアキラーとも言われ、仕事ができない人に共通する癖。できる男になりたいのなら、どうしても「今」直しておきたいのでは。

1.「これ以上先延ばしにしない理由は?」と自分に問う

「ホームレスになりたくないから」「離婚されたくないから」など、自分自身が考える理由が一番パワフルな場合が多い。最悪のシナリオを考えてみよう。

gigamen_Reduce_Your_Procrastination01

2. 自分の中に賢い方の片割れがいると想定する

正当化する理由ナンバー1は「後でやりたいから」。もうひとりの自分にその答えがどうなのか聞いてみよう。ホワホワホワ~ンと頭上で天使と悪魔が会話を始めるバージョンの人もいる。

3. 根本的な考えを正す

「努力したら負け」などの考えの人も多いが、その考えを一度見直してみよう。できるだけ努力無しで結果を残すより、要領よく仕事をする努力をする方がいいのでは?

4. 簡単な始めの一歩を

コンピュータをオンにするだけでもいい、コンタクトを入れるだけでもいい、外の空気を吸うだけでもいい。一番難しいのはその始めの一歩。

5. 1分間だけがんばる

問題解決に1分以上かかってしまうと、放置してもっと先延ばしをする悪循環に。1分だけがんばってできなかったら、他の人に助けを求めよう。

gigamen_Reduce_Your_Procrastination02

6. 楽しい方法を見つける

先延ばししにくいように、自分が楽しいと思う仕事を選ぶ。少々給料が安くても、自分からやりたいと思うような仕事の方が長続きする。仕事を継続できる能力は、履歴書でも特に輝いて見える。

7. 今やらないと確実に失敗すると知る

恥ずかしいことなどウジウジと先に延ばすと、時ばかり過ぎていく。死の間際に「もしあのときトライしていれば…」なんて思うのは最悪だけれど、それが多くの現実。今を大切に!

8. 少しずつ行なう

大きな仕事も、小さく分けて行なう。自分でチェックリストを作りながら、終わったものにチェックをつけていく。個々のタスクの達成感を味わうことができる。

9. ポモドロテクニック

ポモドロとはイタリア語でトマトの意味だが、よくあるトマト型のキッチンタイマーを使う方法。タイマーを20分間セットしてその後5分休憩、それを何回か続ける。短期集中型の人にお勧め。

gigamen_Reduce_Your_Procrastination03

10. タスク管理アプリを使用する

WunderlistやTodoistなどの、タスク管理スマホアプリを試してみよう。システム手帳のように使えたり、付箋のようにペタペタ貼るタイプもある。

この中でひとつでもできるようになれば、優柔不断から脱出は可能。がんばって意識革命を行なって、キャリアアップへと自分を導こう。その始めの一歩が大切!

参照元:Psychology Today

この記事をシェア
0 0
記事のタグ