家族で乗れる、4人乗りの大型スポーツカー

8191

昨今の車事情は、コストだ燃費だと必死になって、子ども心をくすぐってくれるような車は減ってしまったように思える。確かにエコカーは税金面でも優遇され、補助金までもらえてしまうから家計にウレシイ。だが、それでもやっぱり「いいなぁ」と思えるような車の登場はあってもいいはずだ。

Roadyacht GTS (ロードヨット)」は間違いなく、そんな「いいなぁ」の方の車だろう。海沿いなんかを走られたら「たまらない」だ。オランダのメーカーSavage Rivale(サヴェージ・ライヴァル)社の世界で唯一の4ドアコンバーチブルカーだ。オープンカーといえば、たいていは2人乗りが主流だし、4人乗りとなっていてもとても後部シートは座れるようなスペースではなかったりする。しかしこのRoadyacht GTS (ロードヨット)は、後部座席でもゆったり気持ちよく座ることができるようになっている。さらに、ドアもスポーツカーらしからぬ4ドア、しかも観音開きのするガルウィングの、ほかに例のない構造だ。 エンジンは、アメ車でおなじみコルベットZ06と同じものを載せてあるので、600馬力のパワーと速いのは、当たり前。

髪の毛がゴワゴワになるから、オープンカーは好きじゃないと言う女性の意見は、この際目をつぶっておいて、男子なら一度は乗ってみたい車のはず。渋滞のない高速をかっ飛ばしたら、さぞ気持ちいいだろう。それにRoadyacht GTS (ロードヨット)は、ゆったり乗ることができる4人乗りだから、家族の理解があれば、やや強引かもしれないがファミリーカーとしてだっていけるのだ。家族4人乗りスーパースポーツカー。ありえない話ではない。 市販化は、2012年中とのことなので、日本でもその走る姿を見られるかもしれない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ