フェラーリのチューニングメーカーがロールスロイスを手がけた。Rolls-Royce Ghost SPOFEC

3806

カーマニアならNovitecの名前はご存じだろう。フェラーリのチューニングで知られる世界的なチューニングメーカーだ。そのNovitecが、伝統ある高級車ロールスロイスを手がけたらどうなるか? その答えが、このRolls-Royce Ghost SPOFEC」だ。

700馬力の怪物に変身

ベースとなっている車は、Rolls-Royceのシリーズではやや小型のRolls-Royce Ghost。チューンアップを実際に手がけたのは、Novitecグループの中でRolls-Royceを専門とするSPOFEC社だ。

(この社名はSpirit of Ecstasy/エクスタシーの精神、の短縮形とのこと)同社の見事なチューンアップで、このラグジュアリー・サルーン・カーが、700馬力の怪物に変身した。

gigamen_Rolls-Royce_Ghost_SPOFEC01

700馬力ということは、時速96kmにわずか4.5秒で到達できる。

具体的にどのようなチューンが施されたのかということは、企業秘密であるらしい。だが、それだけのエンジン出力に対応するだけの新しいエグゾーストシステムが導入されていることは、外観から分かる。また、エンジンのマネジメントシステムにも改良が加えられたという情報がある。

gigamen_Rolls-Royce_Ghost_SPOFEC02

また、これは車の本質には関係ないが、Rolls-Royce Ghost SPOFECにはリムのカラーオプションや、よりアグレッシブな印象を作るためのボディ・キットも用意されている。

参照元:Rolls-Royce Ghost SPOFEC

この記事をシェア
0 0
記事のタグ