曲を流すと光る!ルービックキューブ型スピーカーに注目してみた

959
29.99ドル(約3200円)詳細ページ

レトロな見た目のガジェットが好きな人は必見。見た感じはルービックキューブそのもので、側面のパネルに白・赤・青・橙・緑・黄色に光るLEDが埋め込まれているBluetoothスピーカー『Rubik’s Cube Speaker』が米国のオンラインショップ「Vat19」で好評販売中です。

お気に入りの曲に合う光り方を探してみては

『Rubik’s Cube Speaker』はペアリングしたスマホで曲を再生すると、上面のスピーカー部分から音が出ると同時に、ルービックキューブをイメージしたLEDが光り出します。お気に入りの曲を光と共に楽しめるのです。レトロな雰囲気を醸し出すスピーカーはディスコやテクノポップとの相性が良さそう。

LEDが埋め込まれていない下面には電源・光り方変更ボタン、音量調節ボタン、microUSBポート、microSDポート、3.5mmのAUX端子が集まっています。光り方は4種類から選べるので、お気に入りの曲に合うモードを探してみると良いでしょう。

コレクターにプレゼントすると喜ばれるかも

『Rubik’s Cube Speaker』は見た目も大きさもルービックキューブそっくりですが、残念ながら本物のように遊ぶ(=6面すべてを揃える)ことは不可能です。それでもルービックキューブの愛好家が気にせずにはいられないデザインであり、れっきとしたRubik’s社公認商品なので、立方体パズルのコレクターにプレゼントすると喜ばれるかもしれません。

Vat19はルービックキューブ型のスピーカーの他に、一風変わったルービックキューブも取り扱っています。大型で光るタイプ、2×2×2cmの極小タイプ、キーホルダータイプに興味がある人はヘンテコ商品を取り扱う米国のオンラインショップの検索窓に「Rubik’s Cube」と入力してみてください。

参照元:VAT19

この記事をシェア
0 0
記事のタグ